神部ペインクリニック・内科病院
診療案内
特定健診
ペインクリニック
神経ブロック
ペインクリニック用語集
画像診断の重要性
腰痛疾患(正常な状態)
腰痛疾患(病的な状態)
変形性脊椎症の治療
バージャー氏病の治療
難治性疼痛治療の苦悩
内科
画像診断の重要性
正常腰椎の縦断面のMRI写真です脳腫瘍と硬膜外血腫のMRI写真です
「画像診断」とは超音波(エコー)やレントゲン、磁気などを用いて体を輪切りにしたり縦割りにして撮影し、客観的な情報を得る診断方法です。 検査方法はレントゲンを用いる場合、少量の放射線を浴びますが、勿論その放射線量は心配ありません。 その他の検査もまったく害はありません。 検査時間はごく短く、うつらうつらしている内に終わります。 患者さんにとっても、とても解りやすい写真が出来上がります。
実際の星状神経節ブロックの方法
下の写真はレントゲンを用いた断層撮影装置です
撮影はガントリーの中に体を入れて行います。
MRイメージングシステムは磁気を利用して体の断層像を得るためのもので、 体内から得られた情報を最新のコンピュータ技術で処理するため、 他の検査では診断不可能だった部位も写し出すことが出来る画期的な装置です。
実際の星状神経節ブロックの方法



正常な肝臓のCT写真です
(色調も辺縁もきれいです)
脂肪肝
(辺縁はスムーズですが色調が黒く見えます)
肝硬変
(辺縁が凸凹で不規則に硬い感じに見えます)
転移性肝腫瘍
(肝臓の中に数個の黒い塊があります)

尿


右腎癌
右の腎臓腫瘍(向かって左)は凸凹で不規則
前立腺癌
骨盤内前立腺(下)に大きな黒と白の腫瘤








両側に数え切れない程の転移肺腫瘍を認めます。
右側の乳腺腫瘍です。外科的な摘出術適応です。
胆嚢癌ー肥大した胆嚢壁に白い腫瘍が見えます。
直腸癌手術後の仙骨転移による「骨破壊像」です。
膵臓癌(写真は尾部。体部頭部に迄拡がっている)
上記の写真はすべて偶然の検査で見つけられたものです。

画像診断は重要な検査です。年1回は是非検査しましょう。

Copyright© 2007-2011. KANBE Pain Clinic - Internal Medicine Department Hospital. All Rights Reserved.