神部ペインクリニック・内科病院
診療案内
特定健診
ペインクリニック
神経ブロック
星状神経節ブロック
腰部硬膜外ブロック
胸部硬膜外ブロック
頚部硬膜外ブロック
ガッセル神経節ブロック
腰部交感神経節ブロック
腰部椎間関節ブロック
ルート(神経根)ブロック
上下腹神経叢ブロック
胸部交感神経節ブロック
ペインクリニック用語集
画像診断の重要性
変形性脊椎症の治療
バージャー氏病の治療
難治性疼痛治療の苦悩
内科
神経ブロック 星状神経ブロック
星状神経節ブロックはペインクリニックで最も頻繁に行われる治療法の一つです。
筋緊張性の頭痛をはじめ顔面痛、頭痛の治療や頸背部の痛みや凝りが強いときの治療として、 用いられますが実は交感神経を休めることで良い効果が期待される病気や症候群に、 この治療法は実に見事な効果を発揮します。
メニエル氏病や帯状疱疹、頚肩腕症候群のほか自律神経失調症の症状を緩和し、 顔面神経麻痺の場合には最善の治療法といえます。
星状神経節ブロックはペインクリニックの治療のメインの一つです。
怖がらずに下に示した写真などで楽になる治療の説明を見て下さい。
実際の星状神経節ブロックの方法
ヒビテンクリームとヘキザックアルコールで良く消毒して第7頸椎の星状神経節に注射します。
画像をクリックすると
大きな画像でご覧に
なれます
ブロック(効果発現)の前後の写真です。
ブロック後は一時的に瞼が下がり、充血して瞳孔が縮小します。
この一時的な副作用こそ、星状神経節ブロックの効力なのです。
実際の臨床治療例
右額部帯状疱疹左顔面神経麻痺肩こりと頭痛の解説電気針を追加して治療
(画像をクリックすると大きな画像でご覧になれます)
帯状疱疹や顔面神経麻痺の多くはウィルスの感染が原因です。
星状神経節ブロックは頭頚部と上胸部の帯状疱疹に有効です。
肩こりや頭痛の治療あるいは上肢の血行障害等の治療にも星状神経節ブロックが有効です。
星状神経節ブロックの対象の病名
突発性難聴 鼻アレルギー 自律神経失調症 頭痛 偏頭痛 肩こり メニエル氏病 群発頭痛 顔面痛
顔面神経麻痺 外傷性頚部症候群 頚肩腕症候群 肩関節周囲炎 カウザルギー 頭頚部状胸部の帯状疱疹 反射性交感神経萎縮症 上下肢痛 花粉症(アレルギー性鼻炎 アレルギー性結膜炎)末梢血行障害などがあげられます。

Copyright© 2007-2011. KANBE Pain Clinic - Internal Medicine Department Hospital. All Rights Reserved.