神部ペインクリニック・内科病院
診療案内
特定健診
ペインクリニック
神経ブロック
ペインクリニック用語集
画像診断の重要性
変形性脊椎症の治療
バージャー氏病の治療
難治性疼痛治療の苦悩
内科
バージャー氏病の治療
当院ではバージャー氏病をはじめ、上下肢の血行障害や麻痺の患者さんに対して積極的に交感神経節ブロックを行っています。 今回バージャー氏病の患者さんに対して左右上下肢の血流改善の目的で、左右の胸部交感神経節ブロック、左の腰部交感神経節ブロックの計4回(左側2回)の交感神経節ブロックを順次行い、そのすべてが成功したので報告します。 また今後、右腰部交感神経節ブロックも行う予定です。
∽∽∽ 最初は上肢の温度を上昇させるために、胸部交感神経節ブロックを行いました ∽∽∽
胸部交感神経節ブロック
(Th2,3)
左上肢温上昇のために施術
Th2,3針先位置確認
(正側面)
Th2,3に造影剤を注入し
溜まりの状態を判断する。
右胸部交感神経節ブロック前後
手背部の温度の変化を診る
左胸部交感神経節ブロック前後
手背部の温度の変化を診る
(温度設定と撮影日が
上の写真と異なります。)
 
∽∽∽ ここからは腰部交感神経節ブロックについて書いてあります ∽∽∽
腰部交感神経節ブロック
(L2,3)
右下肢温度上昇のために施術
この後左側もブロックを行った。
経椎間板的アプローチ法による
腰部交感神経節ブロック

通常この方法では行わないが、
前回施術後大腿部に痛みが残存
したために、この方法を選択した
椎体前縁に造影剤の
溜まりを確認
ブロック前サーモグラム
(右<左)
左右ブロック後の
皮膚温上昇確認

右足底部温上昇しないため
再度 右腰部交感神経節
ブロック(次回はL2,L4)
を追加予定している。
 
∽∽∽ ここからはバージャー氏病の診断と治療について書いてあります ∽∽∽
バージャー氏病の
当院の診療指針
診断方法
1,視診
 上下肢左右の皮膚色の変化
2,触診
 下肢の場合
  大腿動脈、膝窩動脈および
  足背動脈、後脛骨動脈の拍動
 上肢の場合
  腋窩動脈、上腕動脈および
  橈骨動脈、尺骨動脈の拍動
3,サーモグラフィー
4,下肢の場合ー腹部・骨盤CT
  上肢の場合ー胸部・腹部CT
5,血管造影(旭医大紹介)
 血流の途絶、血管の蛇行所見
治療について
1,ビタミンE他、血管拡張剤
2,PGE1製剤の内服・点滴
3,理学療法、(温熱、水中浴など)
4,交感神経節ブロック
  星状神経節ブロック
  硬膜外ブロック
  胸部・腰部交感神経節ブロック

最近はレーザーと内視鏡を用いた方法も、
学会では取りざたされていますが、コスト
的な面から私は、上に述べた方法を行って
いますし、結果も良いようです。
しかし術者によってテクニックの差が出る
と思います。

Copyright© 2007-2011. KANBE Pain Clinic - Internal Medicine Department Hospital. All Rights Reserved.